[ニュース]

VW傘下のチェコŠKODA、グループ共通車台を使用したEVの新コンセプトカーを発表

2019/02/14
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Volkswagen Group傘下にあるチェコŠKODA(シュコダ) AUTOは、電気自動車(EV)の新しいコンセプトカー「ŠKODA VISION iV」を発表した。

Volkswagen Group傘下にあるチェコŠKODA(シュコダ) AUTOは2019年2月12日(中央ヨーロッパ時間)、電気自動車(EV)の新しいコンセプトカー「ŠKODA VISION iV」を発表した。Volkswagen Groupが開発したEV用共用車台「Modular Electric Toolkit」を使用している点が大きな特徴。外装のイメージ図を見ると、ドアハンドルが見えないすっきりとしたデザインになっているほか、トヨタ自動車が2018年10月発売の「LEXUS ES」で採用した「デジタルアウターミラー(電子ドアミラー)」によく似ている細いドアミラーを確認できる。このコンセプトカーは3月7日から17日にスイス・ジュネーヴで開催予定のジュネーヴ・モーターショーに出展する。

図 ŠKODA AUTOが新たに発表したEVのコンセプトカー「ŠKODA VISION iV」。形状は流行のクロスオーバーSUVだ

図 ŠKODA AUTOが新たに発表したEVのコンセプトカー「ŠKODA VISION iV」。形状は流行のクロスオーバーSUVだ

出所 ŠKODA AUTO

新コンセプトカーに発表に合わせてŠKODA AUTOは、現時点での電動車の発売予定を明らかにした。2017年4月の上海モーターショーでは2025年までにEVを5車種発売するとし、2017年11月には、同社初のEVの生産販売を2020年から開始するとしていた(参考記事)。

図 「ŠKODA VISION iV」を後ろから見たイメージ。電子ドアミラーのようなかなり細いドアミラーを確認できる

図 「ŠKODA VISION iV」を後ろから見たイメージ。電子ドアミラーのようなかなり細いドアミラーを確認できる

出所 ŠKODA AUTO

今回発表した計画では、2022年までにプラグインハイブリッド自動車やEVなどの電動車を10車種以上発表し、2019年中には同社初のEVを発売するという。そのEVは、ŠKODA AUTOの小型車「CITIGO」をEVにしたものになるという。そして2020年にはVolkswagen GroupのEV用共通車台「Modular Electric Toolkit」を採用した車種の生産販売が始まる。

図 2019年中にŠKODA AUTOが発売する「CITIGO」のEV版

図 2019年中にŠKODA AUTOが発売する「CITIGO」のEV版

出所 ŠKODA AUTO

さらにŠKODA AUTOはガソリンエンジンに代わる新しい駆動機構の開発や、車両を使った新しいサービスの開発に向けて今後4年間で20億ユーロ(2500億円:1ユーロ=125円で換算)を投資することを明らかにしている。


■リンク
ŠKODA AUTO

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...