[ニュース]

Daimler、電動ミニバンのコンセプトカーを発表ー量産仕様車は9月に発表予定

2019/03/06
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Daimlerは、電動ミニバンのコンセプトカー「Concept EQV」を発表した。

Daimlerは2019年3月5日(中央ヨーロッパ時間)、電動ミニバンのコンセプトカー「Concept EQV」を発表した。3月7日から17日にスイス・ジュネーヴで開催予定のジュネーヴ・モーターショーに出展する。そして、9月12日から22日にドイツ・フランクフルトで開催予定の「IAA Cars 2019(フランクフルトモーターショー)」では、このコンセプトカーを基にした量産仕様車を発表するとしている。

図 Daimlerが発表した電動ミニバンのコンセプトカー「Concept EQV」

図 Daimlerが発表した電動ミニバンのコンセプトカー「Concept EQV」

出所 Daimler

Daimlerによると、Concept EQVは高級ミニバン(MPV:Multi Purpose Vehicle)としては世界で初めての電気自動車(EV)になるという。最大の特徴は、8人を収容できる車内スペースを確保しながら、満充電状態からの航続距離が最長400kmに達する点。車内スペースの床下、シャーシに大容量リチウムイオン蓄電池を詰め込むことで実現した。蓄電池の合計蓄電容量は100kWh。

駆動用モーターは前輪の車軸に1つ搭載する。最大出力はおよそ200hp(150kW)で、最高速度は時速160km。住宅のコンセントや住宅用充電器のほか、急速充電器も使用可能で、15分の急速充電で100kmの走行に必要な電力を充電できるという。

またナビゲーションシステムは、残り電力量を検知して、充電ステーションなどを案内する機能や、充電ステーション利用時に現金を使うことなく自動的に精算を済ませる機能、人間が乗車する前に空調設備を稼働させる機能などを搭載する。

前述の通りDaimlerは、今回発表した車両はあくまでコンセプトカーであり、量産仕様の車両は9月のフランクフルトモーターショーで発表するとしている。しかし、Concept EQVは、コンセプトカーにしては詳細なところまで仕様が固まっている。車体の外見デザインも、コンセプトカーにしては非常に現実的だ。量産仕様の車両も、このコンセプトカーとほぼ変わらないものになる可能性があると考えられる。


■リンク
Daimler

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...