[ニュース]

Bosch、気候によって変化する路面状況を自動運転車に配信するサービスを発表

2018/07/25
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

ドイツRobert Boschは、自動運転車に路面状況を伝達するサービスを発表した。

ドイツRobert Boschは2018年7月25日(中央ヨーロッパ時間)、自動運転車に路面状況を伝達するサービスを発表した。フィンランドForecaの協力で、気候によって変化する路面状況データを取得し、機械学習で分析してから自動運転車に配信する。

図 路面状況データを受信した自動運転車は、路面の状態に合わせて安全に走行できる

図 路面状況データを受信した自動運転車は、路面の状態に合わせて安全に走行できる

出所 Robert Bosch

人間は路面の状態による車体の振動や、ステアリング操作やブレーキ操作に対する反応から、路面の状況を自然に読み取り、適切な方法で運転できる。しかし、自動運転車にはそのような感覚がない。そこで、今回発表するようなサービスが必要だとBoschは主張する。

Boschはこのサービスのために基準となる試験用車両を用意し、その車両から収集したデータと、Forecaから取得したデータを合わせて分析する機械学習モデルを構築した。自動運転車に供給するデータは機械学習で分析したデータとなる予定だ。

通信機能を備える「コネクテッドカー」が増えてきたら、その車両が発信するデータも活用する。車内と外気の温度、ワイパーの使用状況などをコネクテッドカーから受信し、その地域の路面状況データを補正する。路面状況配信サービスは2020年に開始予定だ。


■リンク
Robert Bosch
Foreca

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...