[新動向]

シュナイダーエレクトリックが日本でマイクログリッド事業に参入!

― EcoStruxure Microgridソリューションを提供開始 ―
2019/05/01
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

EcoStruxureの誕生とEcoStruxure Microgrid

 ここで、前述したシュナイダーのデジタルテクノロジーの心臓部であり、IoT戦略のフレームワークでもある「EcoStruxure」を見てみよう。

〔1〕EcoStruxure:6つのフレームワーク

 シュナイダーは、ビルや電力グリッド、工場・プラント、データセンター(IT)など向けに、IoT対応ソリューションを提供するため、3層から成る次世代「EcoStruxure」(エコストラクチャ)アーキテクチャおよびプラットフォームを、2016年11月に発表している。

 EcoStruxureは、

  1. 4つの市場(ビル、データセンター、プラント、電力グリッド)における6つの専門領域(ビル、電力、IT、マシン、プラント、電力グリッド)に向けて、
  2. オープンで相互運用性をもつ、エンドツーエンドのソリューションを提供するIoTプラットフォーム

となっている。

 具体的には、図3、図4に示すように、第1層「コネクテッド・デバイス」、第2層「エッジコントロール」、第3層「アプリケーション・アナリティクス・サービス」の3階層で構成され、各階層で多彩なイノベーションを実現できるアーキテクチャとなっている(表2)。

図3 3層構成のEcoStruxure(エコストラクチュア)アーキテクチャ

図3 3層構成のEcoStruxure(エコストラクチュア)アーキテクチャ

出所 シュナイダーエレクトリック「パワーシステム事業に関する記者発表会」、2019年4月8日

図4 3層構成のEcoStruxureのアーキテクチャと各層の機能(表2参照)

図4 3層構成のEcoStruxureのアーキテクチャと各層の機能(表2参照)

LV/MV機器:LV(Low Voltage、低電圧)/MV(Medium Voltage、中電圧)機器
出所 シュナイダーエレクトリック「パワーシステム事業に関する記者発表会」、2019年4月8日

表2 提供される3つの「EcoStruxure Microgrid」ソリューション(図4参照)

表2 提供される3つの「EcoStruxure Microgrid」ソリューション(図4参照)

LV/MV機器:LV(Low Voltage、低電圧)/MV(Medium Voltage、中電圧)機器
出所 シュナイダーエレクトリック「パワーシステム事業に関する記者発表会」、2019年4月8日

 さらに、図3の下段に示すように、

①EcoStruxure Building(ビル向け)
②EcoStruxure Power(電力向け)
③EcoStruxure IT(IT向け)
④EcoStruxure Machine(マシン向け)
⑤EcoStruxure Plant(プラント向け)
⑥EcoStruxure Grid(電力グリッド向け)

など、用途向けに6つのフレームワークが用意されている。

〔2〕EcoStruxure Microgridソリューションとは

 今回、日本で提供が開始される「EcoStruxure Microgrid」は、EcoStruxureのうち、前出の電力グリッド向けフレームワークである⑥EcoStruxure Grid(図3の下段赤丸部分)を利用する。

 EcoStruxure Microgridは、電力の発電や消費、貯蔵、販売などを最適化し、停電時に系統から切り離された(解列された)後も、電力供給を安定化させる制御・監視ソリューションであり、前述したように、すでに世界で130件が導入され稼働している。

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...