[特別レポート]

ガートナーの「2021年の戦略的テクノロジー・トップ・トレンド」

― ニューノーマル時代の企業競争に不可欠な戦略的プランニング ―
2020/12/10
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

2020年11月17日〜19日、ガートナー ジャパン株式会社(本社:東京都港区、以下、ガートナー)は、オンラインにて「Gartner IT Symposium/Xpo 2020」を開催した。
今年度のテーマは、「Compose the Future - 未来を新生(つく)れ」。
CIOやビジネスリーダーの課題を、「ビジネス戦略」「リーダーシップ」「テクノロジー&インフォメーション」の3つの観点から、主要領域の最新トレンドやトピックスを取り上げた。ここでは、ブライアン・バーク氏(Brain Burke, Research VP for Technology Innovation, Gartner)による、「2021年の戦略的テクノロジーのトップ・トレンド」(2020年11月17日)をレポートする。

2025年までのイノベーションの土台となる3つのトレンド

 2020年は、世界的なパンデミック(COVID-19)とそれに伴う経済的な影響で、激変の年であった。IT環境にも大きな変化が起こり、将来のビジネスを構築するために、企業は変化する状況に対して迅速な適応が求められている。

 ガートナーでは、図1に示すような3つの戦略的テクノロジー・トレンドを示し、これらが、ニューノーマル時代における企業の適応力を調整する後押しとなるとした。

図1 2021年の戦略的テクノロジーのトップ・トレンド

図1 2021年の戦略的テクノロジーのトップ・トレンド

出所 ブライアン・バーク、「2021年の戦略的テクノロジーのトップ・トレンド」、Gartner IT Symposium/Xpo 2020、ガートナー、2020年11月17日

 さらに、図1に示す、3つのトレンドごとに詳細な戦略的テクノロジーを取り上げ、それぞれについて2025年までの仮説を立てて分析し、まとめた(表1)。

表1 ガートナーの戦略的プランニングの仮説

表1 ガートナーの戦略的プランニングの仮説

出所 ブライアン・バーク、「2021 年の戦略的テクノロジーのトップ・トレンド」、Gartner IT Symposium/Xpo 2020(ガートナー、2020 年11月17日)をもとに編集部で作成

ページ

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...