[ニュース]

積水化学、EV・PHEVを電源として有効活用する「V to Heim リフォーム」を発売

2016/06/23
(木)
SmartGridニューズレター編集部

2016年6月23日、積水化学工業株式会社(以下:積水化学、東京都港、代表取締役社長:髙下 貞二) 住宅カンパニー(プレジデント:関口俊一)は、ファミエス事業(セキスイハイム・ツーユーホーム入居邸向けのリフォーム事業)の新商品として、太陽光発電システム(以下:PV)と電気自動車(以下:EV)及びプラグインハイブリッド車(以下:PHEV)、コンサルティング型HEMS「スマートハイム・ナビ」が電力連携する「V to Heimリフォーム」を、2016年7月1日から発売することを発表した。

同社の新築住宅で採用している最新の設備を入居邸のリフォームにも導入することを基本の考え方とし、2015年7月より、太陽光発電と定置型リチウムイオン蓄電池「e‐Pocket)」、HEMSの3つの設備を基本とする「GREENSHIFT!」リフォームを発売し、エネルギーの自給自足スタイルを新築住宅と既築住宅向けに提案している。
「V to Heimリフォーム」では、定置型リチウムイオン蓄電池に比べ容量が大きいEV・PHEVを活用する「V2H」(Vehicle to Home)システムを既築住宅向けにも採用することで、同社の太陽光発電搭載住宅のエネルギー自給自足を促進し、非常時の電源確保だけでなく、顧客が所有するEV・PHEVのさらなる価値向上も提案する。

「V to Heimリフォーム」の特徴

  1. PV、EV・PHEV、電力会社の電力を最適活用
    「V to Heimリフォーム」は、積水化学の既存PV搭載住宅にEV用パワーコンディショナを搭載し、電力会社の電力網に系統連系し、実用的に活用できるV2Hに進化させるリフォームとなる。環境配慮志向、家計節約志向など、顧客のニーズにあわせた運転モードの選択により、PV、EV・PHEV、電力会社の電力の3電源を最適利用でき、停電時の非常用運転を可能にする。
     
  2. EV・PHEVを電源として有効活用
    EV・PHEVは定置型リチウムイオン蓄電池の数倍の蓄電容量をもつ蓄電池を搭載しており、移動手段としてだけではなく自宅に駐車している際には大容量の電源として有効活用するという先進的な提案となる。通常のEVコンセントは、家から車へ充電するだけであるが、車から家へ給電も可能なV2Hシステムを搭載することで、PV搭載住宅とEV・PHEVの持つ電力の相互有効活用を図る。このPV搭載邸にメリットのあるV2Hシステムを既築住宅向けに提案する。
     
  3. FIT適用期間終了後、余剰電力を有効活用
    将来的にFIT(再生可能エネルギー固定買取制度)適用期間が終了した際、これまで売電していた電力(余剰電力)を少しでも多くEV・PHEVに蓄えることができる。これによりPV搭載住宅の余剰電力の有効活用にも貢献する。
     
  4. 停電時にもPV発電電力をEV・PHEVへ蓄電。最大約6,000Wまで家電の同時利用が可能
    「V to Heimリフォーム」を実施すると、停電時にも日中PVの電力をEV・PHEVに充電可能になる。非常用電源として、EV・PHEVの電気を使用しても、PVからの再充電により再び電源として利用ができる。また、高出力(最大6,000W)の電力利用が可能のため、エアコンや照明器具、IH調理器も利用でき、平常時と同等の生活環境※1を提供することができる。
     
  5. EV・PHEVの使い方も考慮した邸別シミュレーション※2を提案
    「GREENSHIFT!」リフォームで導入した邸別シミュレーションを更に進化させた自動車燃料費も含めた光熱費シミュレーションにより、顧客の暮らしぶりに合わせたエネルギーの自給自足提案をおこなう。

※1 天候、季節や使い方により変動

※2 実際の光熱費は、天候、顧客の生活スタイル、今後の購入電気代単価の変動等により変化

■リンク
積水化学工業PDF

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...