[ニュース]

川崎市とJFEエンジニアリング、「エネルギー循環型ごみ収集システムの実証試験」を検討 災害時には非常用電源としても活用

2015/02/10
(火)
SmartGridニューズレター編集部

川崎市(川崎市長:福田紀彦)とJFEエンジニアリング株式会社(以下:JFE、東京都千代田区、代表取締役社長:狩野 久宣)は、廃棄物発電を活用した「エネルギー循環型ごみ収集システムの実証試験」の検討に関する覚書を締結した。

ごみ焼却処理施設で発電した電力を活用し、「電池充電・備蓄・交換システム」を利用した電気自動車システムを搭載するEVごみ収集車による日本初の「ごみ収集システムの実証試験」に向けて検討を開始する。
同システムの詳細を下記に示す。

◆システムのポイント

  • 棄物発電を活用したエネルギー循環型の地球環境にやさしいシステム
    化石燃料を使わず走行中の排出ガスがゼロ、オール電動化による収集車の静音な運行
     
  • 電池充電・備蓄・交換システムの導入
    電池を何時でも充電、複数電池の備蓄、スピーディに交換ができ、ごみ収集が可能
     
  • 災害時の非常用電源としても期待
    EVごみ収集車用の交換式電池を、自治体の災害対策拠点などの非常用電源としても活用

川崎市は、ごみ焼却処理施設などの実証試験のフィールドを各社に提供し、JFEエンジニアリングはプロジェクトを総括するとともに、電池充電・備蓄・交換システムの開発を担当する予定。

また収集車両などについては、日産自動車株式会社(横浜市西区、社長兼最高経営責任者:Carlos Ghosn)、極東開発工業株式会社(兵庫県西宮市、代表取締役社長:髙橋 和也)および日産グループ企業の株式会社オートワークス京都(京都府宇治市、代表取締役:江崎 浩一郎)、オートモーティブエナジーサプライ株式会社(神奈川県座間市、代表取締役社長:加東 重明)と連携しながら進めていく予定で、平成27年度中の実証試験の実施を目指す。


■リンク
川崎市
JFE

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...