[特別レポート]

5Gの実用化目指してMWC2018が8つのテーマを掲げて開幕

― 新たにSDGs実現の取組みを大々的にアピール ―
2018/02/28
(水)
奥瀬 俊哉/三橋 昭和/威能 契 インプレスSmartGridニューズレター編集部

5Gを核に8つのイベントテーマを展開

世界最大規模の国際モバイル産業見本市「MWC2018」が、GSMA(GSM Association)主催のもとに、2018年2月26日(月)~3月1日(木)の4日間、スペイン・バルセロナで開催されている(表1)。来場者数は204カ国から10万8,000名以上が予定され、出展社数は2,300社以上の規模となっている。

表1 Mobile World Congress 2018(MWC2018)のプロフィール
項目 内容
MWC2018  Mobile World Congress 2018(国際モバイル産業見本市2018)
https://www.mobileworldcongress.com/about/
主催 GSMA(GSM Association、世界最大のモバイル通信事業者の業界団体)
開催場所 スペイン・バルセロナ Fira Gran Via/ Fira Montjuïc
(フィラ・グランヴィアとフィラモンジュイック)の2会場
開催日 2018年2月26日(月)~3月1日(木)4日間
今回のテーマ Creating a Better Future(より良い未来を創ろう)
出展社数/参加者数 出展社数:2,300社以上
来場者:10万8,000名以上(204カ国から)
注目点 (1)MWC2018の8つのイベントテーマ(表2参照)
 https://www.mobileworldcongress.com/about/event-themes/
(2)SDGs(持続可能な開発目標)の約束と取り組み
 https://www.mobileworldcongress.com/about/sdg-characters/
(参照サイト https://sustainablejapan.jp/2015/10/07/sdgs/19156

出所 各種資料より編集部作成

今回は、実用化間近い次世代の5G(第5世代モバイル)に関する最大の展示会とあって、5Gのアプリケーションやソリューションが前面に打ち出されたMWC 2018となった。また、人類の緊急な課題として地球温暖化対策(パリ協定)などを含むSDGs(エス・デー・ジーズ)に対して、モバイル業界が全面的に取り組むことを決定し、MWC 2018で大々的にアピールされているため、SDGsが来場者から大きな注目を集める展示会ともなった(写真1)。

写真1 SDGsの実現に向けてイラスト(右)を掲げたMWC 2018の正面入り口の大看板

写真1 SDGsの実現に向けてイラスト(右)を掲げたMWC 2018の正面入り口の大看板

出所 編集部撮影

MWC2018のテーマは、「Creating a Better Future」(より良い未来を創ろう)で、5G(第5世代モバイル)の実現を核に、次の8つのイベントテーマ(表2)を中心に展開されている。
 (1)第4次産業革命のビジネス・技術トレンド
 (2)今後のサービスプロバイダのあり方
 (3)新しいネットワーク技術の急速な発展
 (4)消費者とデジタル製品のライフサイクル
 (5)最新技術の社会へのインパクト
 (6)コンテンツとメディアの新トレンド
 (7)AI(人工知能)の適用分野の拡大
 (8)新しい価値を創造するイノベーション
さらに今回は、2015年に策定された国連の持続可能な17の開発目標「SDGs」(エスデージーズ。Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)の実現に向けて、モバイル業界が取り組むことを約束し、MWC2018で大々的にアピールされた。

表2 MWC2018の8つのイベントテーマ
イベントテーマ 内容
【1】The 4th Industrial Revolution 第4次産業革命のビジネス・技術トレンド
(IoTによるコネクテッドな世界のビジネスおよび技術トレンド)
【2】Future Services Provider 今後のサービスプロバイダのあり方
(5Gのインパクトをはじめ最新の機械学習、AIなどを駆使した、今後のサービスプロバイダのあり方)
【3】The Network 新しいネットワーク技術の急速な発展
(技術的課題や、5G、NFV、SDNなどのビジネスチャンスの検証)
【4】The Digital Consumer 消費者とデジタル製品のライフサイクル
(デジタル製品やサービスを購入し終了するまでのライフサイクルと、製品を提供する企業の関係を分析)
【5】Tech in Society 最新技術の社会へのインパクト
(自動運転などのコネクテッド技術は、社会に利益をもたらす半面、悪影響も与える可能性あり。最新技術の社会へのインパクトを解明)
【6】Content & Media コンテンツとメディアの新トレンド
(VRなどの普及でオンラインサービスがメディア消費の主な手段となってきている。それらのコンテンツとメディアに関する新しいトレンドを解析)
【7】Applied AI AI(人工知能)の適用分野の拡大
(AI、機械学習、ディープラーニング、認知コンピューティングの可能性は無限であり、その研究開発はビジネスツールとしても進化する。その適用を拡大)
【8】Innovation 新しい価値を創造するイノベーション
(新しい製品やサービス、技術、あるいは市場などを通して実現されるビジネスモデルによって実現されるイノベーションを分析)

出所 https://www.mobileworldcongress.com/about/event-themes/

ページ

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...