[特別レポート]

セールスフォースのエネルギー分野におけるDX戦略

― 新たな電力事業に対応したプラットフォームでデジタルマーケティングを実践 ―
2020/09/02
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

新たな電力事業に対応したプラットフォーム

 これまでに述べたビジネス展開を可能にしているのは、「新たな電力事業に対応したプラットフォーム」(図8)である。

図8 Salesforceによる「新たな電力事業に対応したプラットフォーム 」

図8 Salesforceによる「新たな電力事業に対応したプラットフォーム 」

MA:Marketing Automation、マーケティングオートメーション。マーケティングを自動化するための仕組み。従来は人手で行っていた企業の定型的業務等を自動化し、効率を高める仕組み
DMP:Data Management Platform、顧客データを管理するためのプラットフォーム。MAとDMPを連携させて、成約見込みの高い顧客(ユーザー)を選別する等、適切なマーケティングが自動化できるようになる。
出所 セールスフォース・ドットコム「お客様に知ってもらうために始めるべきこと〜エネルギー業界におけるデジタルマーケティングの有用性〜」、2020年8月20日

 例えば、Salesforceによって、図8の中央に示す顧客マスター情報などを含む「基幹システム連携」と、顧客情報管理・申込/解約管理などを含む「顧客対応フロント情報」を一元化させることによって、顧客の動きや気持に合わせたアプローチが可能となる。具体的には、広告掲載をきめ細かく出し分けて、「集客&消費促進」(図8)などを実施することが可能となる。

 小薮氏は、「これらを実施することによって、例えば、電気については契約してもらっているが、ガスはまだ契約していないなど、顧客のステータス(状況)を見極めながら、先に紹介した各種ツールを利用することによって、デジタルマーケティングを実行し、エネルギー(電気・ガス)ビジネスを拡大させていくことが可能となります。エネルギー分野におけるDXとは、まさにContent Builderなどのツールを使いこなして、デジタルマーケティングを実践することなのです」とその有用性をアピールした。

ページ

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...